×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ダーツやビリヤードの練習法

ダーツの得点計算 トンエイティー
ダーツの得点の数え方は、一度覚えてと、意外と簡単です。 まず、ダーツボード中心の二重円の内側・ダブルブルは50点で、二重円の外側・シングルブルは25点になります。
ビリヤード キューの選び方
「キュー(キュースティック)」とは、球を撞く棒状の道具を指しています。 先にいくにしたがって細くなっていく棒のことです。 101センチ(40インチ)以上であれば、長さや重さに制限はありません。
ビリヤード ベーシックゲームとは?
ビリヤードのベーシックゲームは、15個の球すべてを使って行われます。 ルールは簡単で、落とした球の多いプレイヤーが勝ちです。 それ以外は、自分たちで決めるなどゲームごとにルールを変更することができます。
ビリヤード初心者の上達法
ビリヤードに限らず、スポーツ全体に共通することですが、やはり一番基本なのはフォームです。ビリヤードで言えば、構え方・スタンスですね。正しい構え方 は、正しいショットを生み出します。
ダーツゲームの種類 501やクリケット
ダーツゲームの種類を何個か紹介したいと思います。ダーツゲームとして、最も有名なのは、501ゲームとクリケットでしょう。 301、501、701、1501を総称して、01ゲームとも呼びます。

ビリヤード 8ボールのルールと並べ方
ビリヤードというと、「9ボール」を思い浮かべる人が多いですね。でも、ビリヤードの玄人が素人に勧めるゲームは「8ボール」と「ベーシック」です。 「8ボール」は、1〜15まですべてのボールを使います。
ビリヤードのテクニック 押し玉からジャンプショット
ビリヤードのゲームに慣れてくる頃、誰しもテクニックを身につけたいと思うものですよね。ビリヤード初心者でも練習を積めば、ビリヤードテクニックを身に つけることができます。 ビリヤードのテクニックは様々あります。
ダーツ用語集
ダーツ用語を覚えておくと、ダーツがより楽しめるかもしれません。ダーツ用語は色々とありますが、基本的な用語をいくつか紹介します。 アウトボードは、投げたダーツがダーツボードの外に刺さった、つまり、無得点を意味します。
ビリヤード 9ボールのルール
ビリヤードと言うと、イコールで「9ボール」を思い浮かべる人がいるくらいに「9ボール」は有名ですね。では、「9ボール」には実は二種類あることはご存 じでしょうか。トム・クルーズが出演している『ハスラー2』で有名になった
ダーツの練習方法 初心者の上達
初心者がダーツ練習法で重要なのは、毎日、少しの時間でもいいから継続して練習することでしょう。そのためには、自宅にダーツボードが必要です。エレクト リックボードではなく、ブリッスルボードを購入することが推奨されます。

ビリヤード初心者の狙い方
ビリヤードは、狙い方が重要なポイントとなります。手玉は、どこを撞くかによってその動きが全く変わってくるのです。最初はどうしても中心を狙いがちで す。しかし、少しずつ角度変えて色々な撞き方を覚えることで
ダーツ 有名人名鑑
ダーツ有名人のダーツ暦などを知ると、自分もダーツが上手くなれるかもとやる気が湧いてくると思います。まずは、ダーツプレイヤーとして世界一有名なフィ ル・テイラーです。最強の呼び名も高く
ダーツの投げ方 上達のコツ
ダーツの投げ方を簡単に説明します。ダーツの投げ方を分解すると、狙いを定める、テイクバック、ダーツを前に押し出す、リリース、フォロースルーと、いく つかの段階に分けることができるのです。
ダーツのスタンス 重心の取り方
ダーツのスタンスには、大きく分けて三種類あります。 正面型(オープンスタンス) 中間型(スタンダードスタンス) 側面型(クローズドスタンス) です。 スローラインを踏み越えなければ、どのスタンスで投げてもかまいません。
ダーツ 初めて物語 ブリッスルボード
ダーツの歴史は、14世紀頃のイギリスで始まりました。ダーツは、薔薇戦争の頃、兵士がワイン樽に向けて矢を放って遊んだのが、その起源だとされていま す。やがて、矢を手で投げるようになり、現在の短い矢へと変化しました。

相互リンク・SEO相性占い相互リンク募集